卒園アルバムの理由

すまほ個人でスマートフォンの写真を撮ることができる現在において、それでもなお卒園アルバムは重要なものです。なぜなら、思い出を一冊のアルバムにしておくことで、一つの節目にふさわしい記念品になるからです。卒園アルバムがない保育園や幼稚園ですと、それだけで選ぶときにマイナスポイントになるくらいです。

加えて、最近ではフォトブックが普及していることによって、自分達でのレイアウトにはなりますが少ない金額で本格的な卒園アルバムを作ることができるようになったからです。卒園アルバムのアルバム委員などが自分達で写真を選定してレイアウトを決めるだけで、アルバムを作ることが出来て便利です。

フォトブックのアルバムと言うと、まるで専門知識が必要である程度パソコン操作ができる人というイメージがありましたが、最近では自分達でデータを選ぶだけで、あとは業者のレイアウトにはめ込んで、アルバム作成手順の通りに進んでいけば簡単に作成できることも多いからです。

卒園アルバムは、たくさんの思い出が詰まった貴重なものです。特に幼児期は成長が早くて、入園と卒園では姿も違いますし、その様子はやはり記念として持っておきたいものです。そのなかで、卒園アルバムを一人一人に配ることはその子の成長を示す基準にもなります。


【関連記事】

  1. 記念の卒園アルバム
  2. 保護者のアルバム作り
  3. 外注の卒園アルバム

外注の卒園アルバム

卒園式卒園アルバムは、保育園や幼稚園で過ごした思い出を刻み込むものですので大切なものです。そのため、力を入れている保育園や幼稚園であれば、業者にお願いすることもできます。特に大規模な幼稚園や保育園では、一人一人の写真を父兄や園側の先生が選定して作ることになります。そのため、膨大な手間がかかりますし、全員を網羅して作ることが大変です。

そのため、主に大規模な幼稚園や保育園になりますが、業者にお願いして卒園アルバムを作るところも増えています。きちんとすることで、思い出にもなりますし大切な人生の節目になるからです。また卒園アルバムを作るには大きな理由がもう一つあります。

それは、数々の行事で保護者の写真撮影が禁止されているからです。保護者がスマートフォンなどで写真を撮ると子どもが行事に集中できなかったり、SNSに掲載されてトラブルになったりすることも予測されます。そういったところから、行事に写真を撮らず、行事写真は後で購入したり、その業者に卒園アルバムを作ることを依頼したりすることがあります。個人や保護者に任せていたら個人情報保護の観点からも心配がありますので、専門業者であれば写真の取り扱いも安全だからです。


【関連記事】

  1. 記念の卒園アルバム
  2. 保護者のアルバム作り
  3. 卒園アルバムの理由

保護者のアルバム作り

最近では保育園や幼稚園の保護者が卒園アルバムを作るケースが増えています。フォトブックが認知されている今、自分達で写真を選定してレイアウトをすることで、手軽に卒園アルバムを作ることができるからです。

PTAたいていの保育園や幼稚園では、卒園児の保護者の中からアルバム委員が選定されており、主にその委員が卒園アルバムを作成することになっています。保育園などには働いている母親も多いので少し負担になることはありますが、一人一役などPTA活動の一環として行っているところも多いです。

園側が卒園アルバムに関与しない理由はいろいろありますが、やはり選ぶ写真について公平感に欠けることがあると教育や保育に支障をきたすことや、親のクレームなどを心配しているケース、ただでさえ卒園式の準備などで忙しいためアルバム制作の時間が取りづらいなどと言ったことが考えられます。

とはいえ、園生活を思い出に残すことは大切なことですし、どのような親子もそれを期待していることが事実です。そのため、卒園アルバムは円生活の振り返りに大いに重要なものになります。各保育園や幼稚園では保護者が中心となって卒園アルバムを作っているケースが増えてきています。


【関連記事】

  1. 記念の卒園アルバム
  2. 外注の卒園アルバム
  3. 卒園アルバムの理由

記念の卒園アルバム

思い出保育園や幼稚園の卒園の時に記念になるのが、卒園アルバムです。卒園アルバムは、多くの保育園や幼稚園で作られています。最近では共働き世帯が増えていることもあり、行事には祖父母が参加する人も少なくありません。そういったときでも卒園アルバムを作ることによっていろいろな行事をよみがえらせることができます。それだけでなく、普段親が見ることが出来ない幼稚園や保育園での様子も知ることができるからです。

最近では業者に外注して卒業アルバムを作る園が少しずつ減っています。なぜなら、一つの年齢の子どもが少ない保育園では、写真の撮影から選定、製本まで考える費用的な問題があるからです。それなりに立派な写真付きアルバムであれば、一つあたり50万から60万円という値段が付くこともあります。その中で、園児が20人、30人と少ないと数万円かかるからです。

最近では、フォトブックなどで卒園児の保護者が写真を選定して、卒業アルバムを作ることが流行しています。そうすることで、保護者の細やかな要望に添ったアルバムを低価格で作ることができるからです。たいていの保育園幼稚園では、アルバム委員などと言った役職があり、そういった保護者が卒園アルバムを作ることが多いです。いずれにせよ、保育園生活や幼稚園生活は、子どもの最初の集団生活です。この時の門出に、思い出の卒業アルバムがあるということは、子どもにとっても保護者にとっても記念になります。


【関連記事】

  1. 保護者のアルバム作り
  2. 外注の卒園アルバム
  3. 卒園アルバムの理由