すまほ個人でスマートフォンの写真を撮ることができる現在において、それでもなお卒園アルバムは重要なものです。なぜなら、思い出を一冊のアルバムにしておくことで、一つの節目にふさわしい記念品になるからです。卒園アルバムがない保育園や幼稚園ですと、それだけで選ぶときにマイナスポイントになるくらいです。

加えて、最近ではフォトブックが普及していることによって、自分達でのレイアウトにはなりますが少ない金額で本格的な卒園アルバムを作ることができるようになったからです。卒園アルバムのアルバム委員などが自分達で写真を選定してレイアウトを決めるだけで、アルバムを作ることが出来て便利です。

フォトブックのアルバムと言うと、まるで専門知識が必要である程度パソコン操作ができる人というイメージがありましたが、最近では自分達でデータを選ぶだけで、あとは業者のレイアウトにはめ込んで、アルバム作成手順の通りに進んでいけば簡単に作成できることも多いからです。

卒園アルバムは、たくさんの思い出が詰まった貴重なものです。特に幼児期は成長が早くて、入園と卒園では姿も違いますし、その様子はやはり記念として持っておきたいものです。そのなかで、卒園アルバムを一人一人に配ることはその子の成長を示す基準にもなります。


【関連記事】

  1. 記念の卒園アルバム
  2. 保護者のアルバム作り
  3. 外注の卒園アルバム