最近では保育園や幼稚園の保護者が卒園アルバムを作るケースが増えています。フォトブックが認知されている今、自分達で写真を選定してレイアウトをすることで、手軽に卒園アルバムを作ることができるからです。

PTAたいていの保育園や幼稚園では、卒園児の保護者の中からアルバム委員が選定されており、主にその委員が卒園アルバムを作成することになっています。保育園などには働いている母親も多いので少し負担になることはありますが、一人一役などPTA活動の一環として行っているところも多いです。

園側が卒園アルバムに関与しない理由はいろいろありますが、やはり選ぶ写真について公平感に欠けることがあると教育や保育に支障をきたすことや、親のクレームなどを心配しているケース、ただでさえ卒園式の準備などで忙しいためアルバム制作の時間が取りづらいなどと言ったことが考えられます。

とはいえ、園生活を思い出に残すことは大切なことですし、どのような親子もそれを期待していることが事実です。そのため、卒園アルバムは円生活の振り返りに大いに重要なものになります。各保育園や幼稚園では保護者が中心となって卒園アルバムを作っているケースが増えてきています。


【関連記事】

  1. 記念の卒園アルバム
  2. 外注の卒園アルバム
  3. 卒園アルバムの理由